お役立ち情報

中国はグレート・ファイアウォールによりインターネット規制をかけています。そのため、Facebook、Google、Youtube、Twitter、LINEなど普段から外国人が利用するネットサービスが中国では利用規制されています。この規制(検閲)を掻い潜るためにはVPN「Virtual Private Networkの略」が必要となります。

VPNサービスは世界各国で様々なサービス業者が展開しています。
これまではExpress VPN、pana VPN、SUIKA VPNを契約される方が多いようでしたが、二十大(第二十回党大会)以降は規制強化の影響もあり安定していないようです。
VPNサービスは、中国は人工知能を利用した検閲対策を実行しているようですが、政府とサービス業者間での「イタチごっこ」であり、それを解決する術は今現在ではありません。

ここ最近は、UCSS VPNを契約される方も増えてるようです。
VPNは、可能であれば二つ用意されておくことをお薦めします。「二つ契約するのはもったいない」と思われる方は、無料VPNを予備として準備しておくのもよいでしょう。

無料VPN「小牛」、なぜ無料なのか怪しい気もしますが、緊急時には結構使えます。
こちらはVPN環境或は国外でないとダウンロードできませんので、中国に来られる前に準備されることをお薦めします。
Android端末及びWindows PC、iosでも設定が可能です。

小牛VPN: https://aoxvpn.com/zhs

コメントは受け付けていません。